デリケートゾーンはムダ毛が生えているのですそわきがにかかってしまうと強烈な臭いを発生させてしまいます。がそれと同時に痒みが発生しやすい部位でもあります。

痒みが発生してしまうと我慢出来なくてかいてしまいあそこを傷つけてしまう事もあります。なぜ痒くなってしまうのか原因がいくつかあるので知っておく事が大切です。

蒸れによる痒み

デリケートゾーンの痒みの主な理由は蒸れてしまうという事です。

デリケートゾーンはムダ毛が生えているし下着を履いているので通気性がよくありません。

そのため夏の暑い時期になると汗を大量に掻いてしまってあそこが蒸れやすくなってしまいます。蒸れたままの状態にしてしまうと痒みが発生してしまいひどくなってしまうとかぶれたりしてしまう事もあります。デリケートゾーンの通気性を良くするためにはなるべくピッチリしたズボンやストッキンングは控えるようにしスカートを履いて通気性を良くしておくといいでしょう。

オリモノの蒸れによる膣炎や湿疹などのあそこの痒み

免疫力の低下による痒み

いつもは痒みを感じる事がないのに突然あそこが痒くなってきたという時がありますがそれは免疫力が低下している可能性があります。

免疫力が低下してしまうと皮膚の持っているバリア機能が働かなくなってしまうのでかぶれやすくなってしまいます。

免疫力が低下する原因は不規則な生活習慣による疲労の蓄積やストレスの溜め過ぎなどです。睡眠をしっかり取るなど規則正しい生活を送るようにして疲労やストレスを溜め過ぎないようにする事が大切になってきます。

性病による痒み

デリケートゾーンの痒みがひどい場合は性病にかかってしまっている場合があります。

いつもの痒みと違ったり痛みも感じたりした時は性病を疑わなくてはいけません。性病は放置しているだけでは治りませんし、早期治療をする事によって症状を抑える事が出来るので少しでも変だなと感じたらすぐに医師の診察を受けに行くようにしましょう。

性病が原因?痒みのある性病の見分け方と特徴

デリケートゾーンは体の中で最も大切な部位です。そのためどの部位よりも清潔を保っていかなければいけません。毎日入浴してしっかり洗うというのは当然の事なのですが、専用の石鹸を泡立てて優しく丁寧に洗いましょう。

またデリケートゾーンは蒸れやすい部位なので日常生活の中でも常に不衛生にならないように意識しておく事も必要になってきます。特に陰部付近の皮膚は薄いので痒みが発生したりかぶれやすいので注意しておかなければいけません。