豊洲移転問題会見 石原氏の言葉について

石原氏会見の内容について


引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000077-san-soci.view-000

今回の騒動の発端は小池知事にあると言い切りました。それはその通りだと思います。小池知事が問題定義しなければ起こらなかった騒動です。その後の話が異常としか思えませんでした。責任転嫁ばかりです。

では不祥事を起こした会社の社長が開き直って、部下がやったことで、自分に責任はないとでも言ったらどうでしょう。会社は潰れます。トップの役割は責任を取ることだと思います。その為に多くの報酬をもらっています。

部下の責任も全てかぶって責任をとるのがトップです。会見を聞いて正直あきれました。昔から石原氏を見ていますが今まで尊敬していました。独自の考えを持ち、それを自信たっぷりに話し、実行していました。こんな大人になりたいと思ったものでした。しかしこの会見を聞いて落胆しました。

こんな人を尊敬していた自分に腹立たしくなりました。権力の座に座り、権力の力だけで生きて、自分の利益だけを考えている人でした。

報道陣の追及について

今回の会見では報道陣も相当怒り心頭だったのか、よくぞここまで言ったと言えるくらいの質問を浴びせていました。トップである貴方が責任転嫁してどうするのか的な質問が飛び交いました。一方プライドの高い石原氏は報道陣を見下していたと思います。

しかしあまりにも本音でぶつかって来る報道陣にたじろぎ、満足に答えることもできない状態でした。こんなうろたえた石原氏を見たのは初めてです。そして最後には問題は無いから早く豊洲に移転しろ!でした。いままで激しく追及されたことが無いゆえの対応だったように見えました。

今後百条委員会で追及される予定ですが、いままで石原都知事時代与党の一員であった議員がどこまで追求するかが見ものです。

絶対王者のような存在で逆らえなかったと思います。何処まで頑張れるかです。また石原氏は国政から東京都知事に転身し、色々実績を残し、後世に名を残す知事になりうる存在でしたが、一転汚名を残した知事となりそうです。いずれにせよ石原氏が責任を取らなければ誰が取るのか?という問題です。

当時の担当者などに詰め腹を切らせるのはやめてほしいと思います。このような大きな仕事はトップの了解なしでは決してできないことだと思います。