今回のWBCは期待できない?小久保監督に日本代表を任せるのはどうかと思う

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000064-mai-base

まずは監督を変えた方が良いと思う。そもそも、監督未経験の小久保監督に日本代表を任せるのはどうかと思う。しかも、まだ若いと思われるこの年齢で個性的なメンバーを操れるのか?疑問ではありました。

現役メジャーが青木1人とはいえ、国内メンバーは各チームのスタークラスの選手達。まとめるのは一苦労のはず。やっぱり、ここは野村監督で行ってほしかった!そしたらメンバー選考もかなり違ってたと思う。まず、中日の平田は居るのか?一発が欲しくて呼んだのか?

勝負の場面で代打で使いたいのかはっきり言って疑問の一言。他に優秀な外野手はいっぱい居ます。セカンドみたいにヤクルト山田とカープ菊池のようなハイレベルな争いをしてる選手だったら納得は出来るのですが、個人的には言う事聞いてくれそうでそこそこの選手って事で呼ばれてる気がしてなりません。

あと、普通に考えればソフトバンクからもうちょっと選ばれても良かった気がします。たとえば中村も面白いと思います。貴重な左として活躍出来る気がします。青木、筒香がスタメン確定、そこに秋山だとすると、左ばかり並んでと言った理由で外れたならちょっと勿体ないですね。

代打でも十分使えますし。右の打てる外野手で平田は疑問でしかなりません。投手の選考でも広島野村、DeNA山崎が予備登録も勿体ないです。先発と中継ぎのバランスを考えての予備登録だとは思うのですが、阪神藤波よりも広島野村は去年のペナントレースを見てればそう思うはずです。

一発勝負のトーナメントに入った時にコントロールに難があるパワーピッチャーを置くのはどうなんでしょうか。

先発投手のトータル的な能力を考えても野村の方が抜きん出てると思います。抑えの投手もオリックス平野が実績もあるし妥当かと思いますが、DeNA山崎を中継ぎ抑えとフル回転で働いてもらえれば十分面白い存在かと思ったんですがね。決まったからには変わる事は無いので全力で応援はしていきたいと思います。

豊洲移転問題会見 石原氏の言葉について

石原氏会見の内容について


引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000077-san-soci.view-000

今回の騒動の発端は小池知事にあると言い切りました。それはその通りだと思います。小池知事が問題定義しなければ起こらなかった騒動です。その後の話が異常としか思えませんでした。責任転嫁ばかりです。

では不祥事を起こした会社の社長が開き直って、部下がやったことで、自分に責任はないとでも言ったらどうでしょう。会社は潰れます。トップの役割は責任を取ることだと思います。その為に多くの報酬をもらっています。

部下の責任も全てかぶって責任をとるのがトップです。会見を聞いて正直あきれました。昔から石原氏を見ていますが今まで尊敬していました。独自の考えを持ち、それを自信たっぷりに話し、実行していました。こんな大人になりたいと思ったものでした。しかしこの会見を聞いて落胆しました。

こんな人を尊敬していた自分に腹立たしくなりました。権力の座に座り、権力の力だけで生きて、自分の利益だけを考えている人でした。

報道陣の追及について

今回の会見では報道陣も相当怒り心頭だったのか、よくぞここまで言ったと言えるくらいの質問を浴びせていました。トップである貴方が責任転嫁してどうするのか的な質問が飛び交いました。一方プライドの高い石原氏は報道陣を見下していたと思います。

しかしあまりにも本音でぶつかって来る報道陣にたじろぎ、満足に答えることもできない状態でした。こんなうろたえた石原氏を見たのは初めてです。そして最後には問題は無いから早く豊洲に移転しろ!でした。いままで激しく追及されたことが無いゆえの対応だったように見えました。

今後百条委員会で追及される予定ですが、いままで石原都知事時代与党の一員であった議員がどこまで追求するかが見ものです。

絶対王者のような存在で逆らえなかったと思います。何処まで頑張れるかです。また石原氏は国政から東京都知事に転身し、色々実績を残し、後世に名を残す知事になりうる存在でしたが、一転汚名を残した知事となりそうです。いずれにせよ石原氏が責任を取らなければ誰が取るのか?という問題です。

当時の担当者などに詰め腹を切らせるのはやめてほしいと思います。このような大きな仕事はトップの了解なしでは決してできないことだと思います。

子宮頸がんワクチンの副作用で国と製薬会社を提訴

子宮頸がんワクチンの接種推奨の裏側

無料で摂取できるようになった子宮頸がんのワクチンの副作用で歩行障害や記憶障害などの副作用により生活が困難になった女性64人が国と製薬会社を提訴しました。

子宮頸(けい)がんワクチン接種後の健康被害を訴える15~22歳の女性64人が27日、国と製薬会社2社に総額9億6千万円の損害賠償を求め、東京、大阪、名古屋、福岡の4地裁で一斉に提訴することが決まった。

ソース http://www.asahi.com/articles/ASJ7D56QTJ7DUTIL02G.html

製薬会社はグラクソスミスクライン社とMSD社です。この子宮頸がんワクチンは摂取したらがんにならないというものではありません。

ワクチン接種後も定期検診をきちんと受ける必要があります。逆に言うとワクチンを接種しなくても定期検診で初期の段階で病気を見つければ悪化する前に治療することが可能なのです。なのになぜ国は異例の早さでこのような危険なワクチンの摂取を決めて推奨したのでしょうか?それは製薬会社が儲かるからだと思います。国が推奨するワクチンは摂取する人の数が桁違いに多くなるからです。
その結果重い副作用の症状が出る人が出てしまいました。

グラクソスミスクライン社とMSD社のワクチンと副作用の因果関係

製薬会社と国はこのような副作用とワクチンの関係性は全くないという見解を出しています。考えられないコメントです。この重篤な副作用に悩んでいる女性たちにその他の共通点があれば教えていただきたいと言いたいくらいです。ただ一つだけ確実に言えるのは副作用に悩んでいる女性たちはみな子宮頸がんのワクチンを受けたという事です。

これは紛れもない事実です。製薬会社というのは尊い命を守る薬を作っているのではないのですか?自分の会社が作ったワクチンが原因で苦しんでいる人に対して何の責任も感じないのでしょうか?人の命を軽々しく扱う、そのような人が薬を作り、命に関わる仕事に付く資格はないと思います。またこのワクチンを推奨するに尽力した政治家も同罪だと思います。その方たちは多くの女性の人生を壊してしまった責任をどう感じているのでしょうか?

不安を抱えながら生きる女性のために良識ある判決を

このワクチンによる副作用は摂取した後何年も後に発症するかもしれないのです。ワクチンを接種した女性はもしかしたら自分もいつか副作用が出てしまうのではないかと不安に思っているはずです。また何年も後に副作用が出た場合はますますワクチン接種との因果関係を立証しにくくなります。

裁判を起こした64人の女性、それ以外に多数いる重篤な副作用に苦しめられている女性、いつ自分もそうなるのかと不安に思っている女性のためにも、裁判できちんと良識のある判決が出る事をのぞみます。決して政治的な圧力などがかかりませんように。
コピペチェックをする

東京・立川市の小学校7校で発生した集団食中毒〜感染元は以外な食材だった

17日、東京・立川市の小学校7校で発生した集団食中毒について、東京都は24日、立川市の調理センターで作られた給食が原因の食中毒と断定した。被害者は児童と教職員あわせて1098人にのぼった。給食センターは、来月いっぱい給食の提供を中止に。

引用 http://www.news24.jp/articles/2017/02/25/07355050.html

のりからも検出されるノロウィルスの脅威

東京・立川市の学校給食での集団食中毒の原因は、ノロウィルスでした。しかも、感染元は、刻みのりだったとは驚きました。

ノロウィルスは、冬場に発生する感染性の胃腸炎で、大人がかかっててもかなり苦しく、重篤な場合は入院することもあります。今回は子供達が被害にあって本当に気の毒です。

原因となった刻みのりは、親子丼の上に振りかける位の量なので、かなり少な目だと思いますが、それでもこんなに大きな被害になってしまったのは、二重の驚きです。

感染の原因は人的ミス?

なぜ、必ず過熱工程をしているはずの乾物のりにノロウィルスが付着していたのか?

多くの人が疑問に思っていたでしょうが、原因が特定されつつあります。のりの製造元が加工を委託した業者に問題があったようです。

何と、のりをきざんで袋に詰めるという最後の仕上げの工程で、手袋を使用せずに素手で作業を行っていたそうです。きっと、作業に携わった人に保菌者がいたのでしょう。もしかしたら、発症していた可能性もあります。

小さな作業工場だったのでしょう、本来食品を扱う工場は、衛生管理を徹底して行う義務があります。大きな工場や作業場ならマニュアル通りにきちんと作業工程の管理ができたのでしょうが、規模の小さな作業場ではなかなか難しいようです。

この問題は、氷山の一角にすぎないかもしれません。小規模の作業場のなかには、コストの関係で品質管理や教育にかかる予算がさけないところもあるかもしれません。もちろん、どんなに小規模でも大工場に負けない位に衛生的な所もたくさんあるでしょう。

今回の食中毒は、食の安全管理の盲点をついた出来事だと思います。下請け業者が、製造元の指導を守っていなかったとしても、製造元が、下請け業者の実際の作業現場を把握していなかったことはいい逃れはできないと思います。また、下請け業者も、製造元の信頼を裏切った形になります。

この教訓を生かし、それぞれ改善して新たに頑張って欲しいものです。

マレーシアが北朝鮮大使を国外追放したこと

北朝鮮大使を追放したことについて

ついにマレーシアが北朝鮮大使を国外追放しました。

数少ない友好国であるマレーシアをこのようにした原因を考えました。ニュース記事での説明では金正男殺害事件で大使側が遺体の引き渡しを拒否されたことによるマレーシア批判を強め、これにマレーシア側が怒りこのような措置を取ったとのことです。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-170305X191.html

しかし根にあるのは、今や唯一の友好国といっても過言ではないマレーシアにとって自分の国で暗殺事件を起こされたことだと思います。それも国家犯罪といってもいい暗殺事件です。

これが根底にありながら、さらに北朝鮮側が強硬姿勢を取り、マレーシアを批判したため火に油を注いだ状態になったと思います。今後国交断絶もありうる状態です。

今後の北朝鮮は

唯一の友好国マレーシアに見切られ、いつも助けてくれていた中国も助け船を出しません。いよいよ北朝鮮は完全に孤立状態になったと思われます。

今の世界ではどんな国でも友好関係の国があります。内戦やクーデターまがいのことがあっても大国をはじめ何らかの形で支援があります。

軍事的、食糧、金銭など様々です。しかし北朝鮮のように完全孤立してしまうと、どこも助けてくれません。つまり金正恩が消えない限り現状のままだと思います。外貨は稼げず輸入、輸出も止まります。すべてのものが自給自足になると思います。貧困は進み、独裁者の金正恩だけが潤い後は皆荒廃です。

そうなると金正恩を転覆させようという勢力が出て来ると思います。クーデターです。この勢力を他国が応援し金正恩体制が崩壊すると思われます。

自分にとって都合の悪い人を次々粛清してゆく金正恩氏ですが、決して一人の考えではないと思います。入れ知恵をしている人間がいると思います。
その入れ知恵をする人間も今まで何人かは粛清されていると思います。つまり告げ口をまともに受けて今のようになっていると思います。

自分が狙われているかもしれないと思う、思わせる事によってやられる前にやろうという体制です。

今回の金正男事件もその一旦だと思います。自国も友好国も同じに見えてしまうほど先が読めない状態になっています。

いずれ近い日に何か起こると思いますが、前が見えなくなった男が、ミサイルを他国に向けて発射という最悪のシナリオだけはあってほしくないと思います。